奇妙な緊急事態宣言

 1月7日、菅首相は二度目の緊急事態宣言を宣言しました。私はテレビ中継を見ながら、とても奇妙な感じを持ちました。

それほど事態が切迫していると言いつつ、高齢者や基礎疾患のある人たちを守るために政府は何をするのか、全く触れなかったからです。

感染したら死亡する恐れがとても高く、これまでの死者のほとんどはこれらハイリスクの人たちです。宣言後のニュースでも、検査を受けられなかったり病院に拒否されて死亡したのは高齢者でした。

直接の犠牲者に無策の緊急事態宣言に、どれほどの意味があるのでしょうか。






コメント

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか