投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

コロナはなんだかわかりません:(4)ガイドラインを出すなら金をだせ

前回の結論は、「感染拡大を防ぐ」のがコロナ対策のすべてではなく、いちばん大事なのは「死者を減らすこと」という点でした。感染拡大防止そのものが目的と言う人には気をつけましょう。それは本末転倒です。そして死者を減らすには、高齢者を含む感染弱者を守り切ることを最優先にしなければなりません。  次は感染弱者を守るにはどうするかを考えなければなりませんが、今回は少し脱線して個人の行動よりも、政策というか政府の姿勢への疑問を書いてみます。これは感染弱者を守るために政府がするべきこと(次回に書こうと考えています)に大いに関係してきます。    コロナ発生以来、政府はガイドラインを乱発しています。 病院も学校もサービス業、生産現場、どこにいようとなにかしようとすると大量のガイドラインを守らなければなりません。厚生労働省からのガイドラインに加え、地方自治体や業界団体のガイドラインもあります。  私達個人にも、いろんな「指示」がメディアを通じて降ってきます。三密を避けるから始まって、高齢者と食事するときはマスクを外さず、口に入れるときは素早くマスクを外すなど、お笑いのネタのような非現実的なものまで様々あります。さらに職場や学校に行けば、そこでのガイドラインを守らなければなりません。   現実には、公的支援なしのガイドライン押し付けは、政府の責任を放棄した「自己責任」政治です。 病院、施設から家族、個人に至るまで、ガイドラインを自力で徹底的に守るのは難しいのです。病院や保健施設はスタッフと器材の不足に苦しんでいます。緊急事態宣言期には医療用マスクすら十分に入手できませんでした。スタッフは今も過酷なストレスと長時間勤務に疲れ果てています。 高齢者や障害者施設では、ある意味でもっと深刻です。入所者は無防備です。医者も看護師もいない場合が多いのに、スタッフは彼らを集団感染のリスクからを守らなければなりません。  個人でも、高齢者と同居する家族は彼らへの感染をどう防ぐか頭を悩ませています。子供や若者は無症状でも感染している恐れがあるので、高齢者は怯えています。万一家族の一員が感染しても、軽症だと多くの場合入院をことわられ、大きな困難に直面します。 これらはほんの一例にすぎません。ガイドラインに書いてあることは間違っていませんが、施設や個人の力だけで実行するのは困難です。公的な支援が必要なの

コロナはどうなってるのか分かりません: (3) コロナ対策とは「感染拡大を防ぐ」ことではないはずだ

 「コロナはどうなってるのか]わからないので、頭を整理していましたが、超大型台風でいそがしくてパート3のアップが遅れました。とにかく情報が錯綜し、公表されている数字をどう解釈しても非合理的としか思えない「政府発表」がなされ、メディアがそれをオウム返しに報道しています。 こんな状態では、自分なりに情報を整理して、「エイヤ!」と状況判断をするしかありません。 そうでないと日常の行動から旅行まで、なにも選択することができないからです(だからといって明らかにおかしな政府の判断を鵜呑みにして行動するのはいやですから)。 そして、常に新しい情報を仕入れて、判断を更新、訂正していくことにします。 前回の結論は簡単です。 状況を判断するために死者数に注目することに決めました。 そして政府やメディアが騒ぎ立てている「感染者数」は無視することとしました。検査数があまりに少なく、また状況により検査対象が極端に偏るため全く信頼できません。それを使って信頼性のある数字を推測することも難しいと思います。 また「重症者数」も役に立たないことがわかりました。地域により軽症者や無症状の人までもカウントしていることが判明したからです。 死者数には「コロナによる死者数」を過小評価しているという批判があります。でもこれはまだ推測の域をでません。コロナが私達にとってどの程度脅威となっているかを知る基準としては、他の指標と比べてもっとも信頼できるのは死者数の動きです。 ここから今日の本題に入ります。結論から言うと、感染拡大を防ぐことよりも、感染弱者を守ることを最優先の目的に行動することにしました。 政府も自治体も専門家も、コロナ対策とは感染拡大の防止のことだと言い続けています。私達が一生懸命マスクをして三密を避けているのは、これに従って感染拡大を防ぐためです。それは間違っていると判断しました。 私は死者と重症者を増やさないことが最も大事だと判断しています。そしてそのために皆が行動すれば、結果的に暮らしや教育とコロナ対策を両立させることにもなると考えています。 コロナ対策のいちばん根本は、病気と死から自分と他の人々を守ることです。 コロナで苦しんだり死んだりするのは誰でもイヤです。感染者数全体を減らすのは、そのための手段に過ぎません。感染拡大を防ぐのが目的のように振る舞う人は、手段を目的と取り違えているか、故意