iPadのキーボードは有線接続が意外と使える

 ipadのキーボードは有線が楽ちん、という話です。


自宅以外で作業することが多くなるに従い、iPad proのお世話になる時間が増えています。性能上がってるのでメールとSNSチェック、文章書くだけならPCよりサクサクで使いやすいです。

仕事を引退してから、PCを使うほどややこしい仕事はほとんどしなくて済むようになったおかげでもあります。もちろん、いろんな資料を参照したり、表やグラフを書いたり貼り付けたりすることは、今でもあります。そんな時はデュアルモニターのPCを使います。

i Padのキーボードと言えば、純正のカバー一体型が定番です。しかし、実際に使ってみると、重いです。普段はタブレット単体で(家でも外でも)使いたいので、少しでも重いのは面倒です。おまけにキーが小さくて打ちやすいとは言えません。

そこで切り離して使えるBluetooth接続の単体のキーボードを色々試しましたが、結局古い有線キーボードが一番使いやすいということになりました。

私はたまたま店頭で見つけて試しに使ってみたのですが、Bluetooth よりずっと使い勝手が良いので驚きました。

有線ケーブルのメリットは沢山あります。

まずケーブルを差し込むだけで使えます。Bluetooth単体ものはすぐにつながらずにイライラすることがあります。パッとiPadを開いた時に接続が切れていて、改めて接続し直すのはとても面倒です。その点有線接続は確実で安定しています。

電力はiPadから供給されるので、充電は不要です。出先で充電切れという目に合わなくてすみます。

キーがデスクトップ並みに大きいのも、大きな魅力です。私は不器用で、キーボードが小さいと極端に効率が落ちるのです。そんなわたしにPC並みの大きさのキーはとても助かります。

長さはiPadよりやや長いのですが、重さが300g程度ととても軽いです。バックに放り込めば出先で使うのも不便はありません。

ライトニングケーブル接続iOS対応なので、もちろんiPhoneにも差し込むだけで使えます。

唯一のデメリットは、カバー一体型の純正に比べると、人前でキーボードを取り出し有線接続するのはスマートではありません。

というわけで、見た目さえ気にしなければ、有線キーボードおすすめです。製品は現在は店頭では見かけず、ネットで探して買うしかないようです。いいことづくめなのに、なぜこんなに人気がないのか、私には理解できません。

私が使っている製品はもう手に入れることができません。

ARCHISS iPad専用有線Lightningキーボード"i-Progres Touch"(ホワイト)MFi取得 AS-KBPI77/SCWT


現在はAmazonでこちら(ノーブランドです)が販売されているので、近々試してみようと考えています。
https://www.amazon.co.jp/電池要らず!iPhone-iPad用有線ミニキーボード-MFAPKEY4-【iPhoneX-iPhone7-7-Plus対応!】-※日本語マニュアル付き-サンコーレアモノショップ/dp/B012VMMY94


コメント

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか