コロナはどうなってるのか分かりません:(1)頭を整理して納得できる選択を

コロナをめぐる情報はとても混乱していて、私たちは何を信じて良いのか、どう行動すれば良いのか、困惑しています。

感染者数は緊急事態宣言期を大きく上回っています。自治体によっては独自の緊急事態宣言やそれに類するものを出し、移動や外出の自粛などを訴え、さらに一部の首長は連日メディアに登場して危機感をあらわにしています。実際、「自治体Aでは感染者数が過去最高」「B病院ではクラスター発生」「運動部Cの寮でもクラスターが」と連日報道されています。


他方で、政府は税金の一部をばら撒いてGO TOキャンペーンを実施、観光旅行に行くよう国民を誘う一方で、旅行先で行動を自粛するよう呼び掛けたり、アクセルとブレーキを一緒に踏んでいるように見えます。


そんな中で、専門家には政治に左右されない灯台の役割を期待されます。でも、専門家は矛盾した指示や訴えを整理してくれません。全体像についてのコメントは人によって様々で、ひたすら国民の行動に細かい注文(それもどんどん細かくなります)をつけるだけです。お盆の帰省について「旅行自体は問題ありません」「帰省先でお年寄りと食事するときはマスクを外さず、口に入れる時だけ外しましょう」とか、専門家の指針は今や「シュールな」ものになりつつあります。


これでは、私たちはどう行動したら良いかわかりません。

 頭の整理のために、これまで読んだ記事(やや専門的で私でもわかるものを含む)を私なりに比較して、矛盾するところは「エイや!」と判断してみようと思います。


不確実でも自分なりに「エイや!」と選択して生きてゆくのが、現実の人生です。間違った情報に飛びついて選択を誤るのは避けたいものです。


それから、判断の根拠となる数値を挙げたり参照データの出典を示したりはしません。これは第一に自分のためのメモなので、他人を説得するための論文ではないからです。


次のような順番で書いてみようと思っています。


緊急事態宣言期より事態は悪化しているのか


2  コロナと闘う目標は感染拡大を抑えることなのか


いま本当になすべきことは何か


コメント

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか