投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

グレタさんは大統領や首相を叱責する権利があるか

我が亡き後に洪水よ来たれ グレタさんが、各国の為政者たちを叱りつけたのが話題になっている。こどもにそんなことがわかるか、多くのスタッフを抱えた政策決定者を叱責するなんて生意気だ、そんな声もある。 https://www.huffingtonpost.jp/entry/greta-thunberg-un-speech_jp_5d8959e6e4b0938b5932fcb6?ncid=fcbklnkjphpmg00000001&fbclid=IwAR1N0oePL3ZCV8rcLwmIT8KHyxIyQdL7C_J5ymDA_IAftOmPdbU8jz8mgyw でも気候変動に限って言えば、こどもの発言は大統領や首相より重いと考える重要な理由がある。 それはグレタさんは、大統領や首相より長生きするからだ。彼女は気候変動から、より深刻な被害を受ける。 大統領や首相、そのスタッフたちはこどもより被害を受けるリスクがずっと低い。さらにかれらに働きかける企業家たち、そして景気が悪くなる政策を嫌うわたしたち有権者もだ。 かれらは(あるいはわたしたちは)みな、こどもより先に死ぬ。 だから、将来の被害(自分は大丈夫)を軽く見て、目先の利益を優先し、気候変動対策を先送りする。被害を受けるのはこどもたち、そしてこどもたちのこどもたちだ。 未必の故意 フランス 国立科学研究センター(CNRS)は17日、22世紀までに 世界の平均気温が最大で現在より5・8度上昇するとの見通しを発表した。 https://www.asahi.com/articles/ASM9K71J9M9KUHBI054.html 大人はそれを聞いてため息をつくが、自分の生きてる間はなんとかなるだろうと思う。台風で被害を受けるリスクが高くなっていることに気づいても、政府が何とかしてくれるとぼんやりと考えている。 ところが、政府を構成する政治家は、次の選挙のときの景気しか見ていない。献金元の財界が経済成長と気候変動とどちらを重視しているかは言うまでもない。 被害者である「こども」が加害者を「決して許さない」と怒るのは当然だろう。気候変動はかれらを確実に破壊するのに、政治家たちは集まって「金や経済成長の話し」をしているのだから。そこは「未必の故意」の犯罪現場なのだ。

どこから考えてもだめなプレミアム商品券

プレミアム商品券というのがある。消費増税の貧困者対策らしいが「使えない」といううわさは聞いていた。地域振興券とかあったなあ、あれもだめだったが役所の考えることはそういうの多いなあ、程度に考えていた。 ところが、自分で申請書を書いてみてホントにだめというのがよくわかって、おまけに腹が立ってたまらくなったので、メモを残しておく。 たまたま「申請書書いてくれ」と頼まれたので、説明を読み始めたら・・・驚くべき代物だった。 結論から言うともらうべき人を見誤っており、申請から受け取りまで問題があり、使い勝手は恐ろしく悪い。結果的に当初の目的(弱者救済と地元経済支援)にはならず、いたずらに無駄金を使っている。 とりあえずここでは、どんなに使い勝手が悪いかについて述べる。 A 低所得者に前払いさせる 家族一人あたり一冊5000円の商品券を4000円で買えるのだが、一冊で1000円、上限5冊買えば5000円得だというお話し。そして家族三人いれば最大15000円お得という一見美味しそうに見える。 でもいざ買うとなったら、一人25000円を前払いしないといけない。家族三人分買おうとすると、なんと75000円の前払いが必要になる。 一般に所得が低いほど、手持ちの現預金が少なく、ギリギリのお金を回している。これは貧乏を経験すればすぐわかる。25000円の前払いはキツい。まして75000円前払いは、低所得者でなくても二の足を踏む金額だ。 B お釣りは出ない 一冊は5000円、額面500円のバラ券10枚からなるが、500円券でなにか買ってもお釣りはくれない。500円を越えるものを、追加金額を払って買わないといけない。とても不便。 C 使える地域、店が限られる まず、当該自治体内の商店等でしか使えない。 自治体内でも、使えない店はたくさんある。ネットで使える店を調べるか、店にステッカーが貼ってあるか確認しないといけない。 しかも身近の商店は登録していないところが大半だ。これは店側にとっても、取り扱い申請の手続きがとても面倒で、しかも店に現金が入るまでかなり時間がかかり、零細な商店には手間と資金繰りが大きな負担となるからだ。 D 買えるものが制限される タバコはだめ、税金や社会保険料の支払いにも使えず、家賃・地代など不動産関連の支払いもできな