タンカー襲撃、安倍首相は地域の平和のために本気の外交を

タンカー襲撃、だれがやったにせよホルムズ海峡の安全に疑念が生じました。イランが安全維持のために強力な措置を取ってくれるといいのですが。
これが軍事的緊張、さらには軍拡につながらないよう、日本政府と国際社会は努力してほしいと思います。
アジアの工業は中東オイルに依存しています。危機が長引いたり深まったりすると、一番困るのは(そうでなくともアメリカに叩かれて困っている)中国、ついで日本、アジアの非産油国でしょうか。
中国でも日本でもシーレーン確保のためと称して、きな臭い扇動の動きがおきないか心配です。
安倍首相がイランにいったことだし、日本政府は本気の外交で(オイルショック直後の「石油ください」外交くらいしか記憶にありませんが)地域の安全を再建してほしいです。
そうでもしないと、赤恥のかきっぱなしですよ、安倍首相!

コメント

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか