投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

南アフリカはオランダ病か

高所得なのに異常に高い失業率。南ア経済の奇妙で慢性的な病気だ。 専門家はどう考えているのだろうか。 門外漢から見ると、「オランダ病では?」とまず思う。 オランダ病とは資源にお金も資本も集中して他の産業が育たないことをいうが、為替が高止まりして輸出産業や労働集約的産業がだめになってしまうこととに限定して使うことも多い。 なにしろ南アは世界でも有数の資源国だ。強い副作用が出るのは当然だ。資源が南ア通貨を本来の水準より高めに誘導しているはずで、労働集約的産業が育たず、これが高失業を招いていると見るのが自然だろう。 でもネットで検索した限りでは、南アではオランダ病は発現していないという報告が多いようだ。 例えば製造業がそこそこ発展しているからというのがその理由だ。 http://www.econrsa.org/system/files/publications/working_papers/wp281.pdf また、この報告(2012)はランドは「購買力平価で見てもまだまだ割安」と指摘している。 http://www.iima.or.jp/Docs/newsletter/2012/NLNo_09_j.pdf でも、もう一つ納得できない。製造業については、資源がない場合と比較して規模、雇用者の質と数がどうなのかが知りたいところだ。購買力平価の測定はかなり微妙だ。 アパルトヘイト体制崩壊以後の賃金の上昇を主因とみて、組織労働者(ANCの支持母体)の特権階級化を指摘する政治経済学的見方もあるようだ。多分それも一因だろうとは思う。 また南アの経済の中心はもはや資源ではなく、金融セクターで、これが新しいオランダ病を招いているという記事もあった。マネーゲームが繁栄して他の産業は滅びつつあるというわけだ。 http://mgafrica.com/article/2015-04-09-johannesburg-stock-market-sees-most-ipos-since-2008-as-stocks-rally-to-record この指摘を拡大すると、アメリカのラストベルト現象を極端にしたのが、南アの高失業というかもしれない。 いずれにしろ、南アの高失業率に重大な構造的要因があるのは間違いない。簡単に説明してくれる