「国民の半分はバカだ」という声をよく聞くが 杉本博司「ロストヒューマン」

東京都写真美術館でした。とてもたくさんのお客さんがいてびっくりした。
page1image256

構成は単純で、いろんな人の遺書が残されていて、廃墟っぽい雰囲気の陰湿な会場に、それに関連するものたちがたくさん展示されている。遺書はみな、人類が滅びるにいたった過程を簡単に書きしるし、「人類はアホだ、滅びるしかない」と締め括る内容になっている。「いろんな人」は理想主義者、政治家、ロボット工学者、WHO事務局長、養蜂家、国連事務総長と多彩で、彼らが描く滅亡のシナリオもさまざまだが、人類は救い難いというメッセージは変わらない。

途中まで面白がってみていたが、なんだか不愉快になってきた。その上から目線に嫌気がさしたためだと思う。また、展示はヤケクソな愚痴の匂いがしたからでもある。居酒屋で赤ら顔で議論する内容であり、美術館でお金を払って見るものではないと感じたのだ。

同時に少し恐ろしくなってきた。同じような口調を最近よく耳にするからだ。わたしの周りでも「日本はもうダメだ、滅びるしかない。デマゴーグは政治家を支持する日本人はバカだ」という声を聞く。同じようなことを今、トランプ嫌いのアメリカ人がテレビで語っている。極右政治家はへの支持が広がるフランスでも同様だ。

世界が気にくわない方向に舵を切り出した時、それを止められないと感じた時に起こる現象だ。

世界に問題が累積した時、システムは変化するが、良い方向に変化するか悪い方向に変化するかかは力関係にかかっている。残念ながら良い解決へのビジョンと道筋を私たちが示せないときもある。そういうとき、デマゴーグが示す悪い方向に人々が歩き出すこともある。

そんな時。私たちの取る道は二つだ。一つは逃げ出すことだが、(それはとても大事だが)まだ早そうだ。

もう一つは知恵を合わせて新しいビジョンを作り出し、道筋を見つけることだ。今はむしろその時期だとわたしは思う。

いずれにしても、苛立って他者を愚か者呼ばわりしたり、取り返しがつかないところまできたと喚き立てるのは、適当ではないと思う。

浮き足立ってはいけない。落ち着いて、よく考え、じっくり議論する、まずそこから始めよう。



コメント

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか