タンザニアスタディツアー参加者募集

元勤務先大学の学生から、スタディツアーの募集協力を依頼されました。かつて大学主催で実施されていたツアーを引き継いだものですが、今回は彼女たちの自主企画なので広報に苦労しているようです。
中身は長年改善を重ねてきただけあって、とても充実しています。関心ある方は、参加をご検討ください。また皆様の豊富なネットワークでも広報していただければありがたいです。よろしくご協力ください。

<タンザニアスタディツアー2015概要>

主催:龍谷大学 学生国際協力団体 CWS

   私たち学生国際協力団体CWSは、龍谷大学のタンザニアスタディツアーに参加した学生を中心に、2013年1月に発足しました。
タンザニアのストリートチルドレンを支援することを目的として活動しています。
    https://www.facebook.com/ConnectionWithSmile

期間:2015年9月7日(月)~9月21日(月)

旅行会社:株式会社マイチケット/JATAツアーズ

出発地:関西空港

費用:28万~33万(航空券込)   人数により費用は異なります。

締切:7月31日(金)

目的:①支援する施設にお金を届けること

   ②移り行く現地の現状を目で見て、学ぶこと

   ③タンザニアの文化、人々に触れ、理解を深めること

主な訪問先:

  現地視察・dogodogo centre:
CWSの支援先です。MTC(職業訓練所)を運営し、路上教育を行うことを通して、ストリートチルドレンを支援しているNGOです。

      ・CHAWATA(タンザニア障がい者協会): 障がい者の権利を守り、社会的活動を送るためのサポートを目的として活動している団体です。

      ・TASAF(とTASAFの支援先の村): 現地の農民に対してCCT(条件付き現地給金)を行っている組織です。

      ・キンゴルウィラ村(2泊3日の農村滞在体験)

観光・ミクミ国立公園(サファリ)

      ・Chibite(音楽集団)鑑賞

      ・ザンジバル島

      ・ティンガティンガ体験

<締め切り迫る!!>

過去にタンザニアへ訪れた先輩方はたくさんいらっしゃいますが、CWSとして、学生だけで企画するスタディツアーは今年が初めてです。タンザニアで学び、伝統文化や人々の温かさに触れ、一緒に濃く熱い2週間を過ごしませんか?

一人でも多くの方に参加していただけるよう、情報拡散のほどよろしくお願いいたします。

 連絡先:龍谷大学2年 久保里帆    mail:kuboriho1218@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか