投稿

10月, 2011の投稿を表示しています

田中優氏の原発をなくすための提言

長年反原発運動に関わってきた田中優氏の雑誌「世界」掲載記事がご本人によって某MLに投稿されました。とてもコンパクトで説得力があるので、多くの人に読んで欲しい、またMLに投稿されているので広く紹介してもいいはずだと考え、ここに転載します。 「脱原発/脱CO2のエネルギー政策を」『世界』11月号掲載 25年の反省 私が原発運動に関わってから25年経つ。つまり25年前のチェルノブイリ原発事故が、 私の原発に反対する運動のきっかけになっている。私自身にあまり変わりはないが、周囲の扱いは大きく変わった。 福島第一原発の事故が起これば「 それ以前から一貫して反対していた」持ち上げられ、そして今また「偏った意見を持つ人」の扱いに戻りつつある。 そんな評価とは別に、自分で考える評価もある。この25年間反対してきたものの、現に原発事故は起こり、 現に今なお「たいして心配はない」などと伝えられるまま、多くの人たちが被曝を強いられている。端的に言ってしまえば、私たちの運動が成功していたなら原発はすでに止まっていて、事故は起きていなかったはずだ。もちろん自分を含めて小さな市民の脱原発運動を、 過大評価するつもりはない。しかし、 私たちの運動が成功していないことを素直に反省してみたい。 私が自ら反省すべきだと思う点は3つある。 1つ目は「危機感に頼り過ぎた」ことだ。25年前、チェルノブイリ原発事故の際に私たちは、「今度はこの原発が危ない、今日か明日か」 というような運動をしていた。確かに危機感はきっかけとしては大切だが、持続しない長く続かない以上、 持続できる運動に移行しなければいけなかった。しかし当時の運動は、危機感で人々を引っ張るばかりで、 持続できる運動にはなっていなかった。 2つ目は「身近な問題につなげられなかった」ことだ。ゴミ問題でいえば、「毎日出るゴミ」を手にするたび、 考えることになる。ゴミ問題は日常生活に身近だから、と思うかもしれない。しかし、電気だって「毎日スイッチを入れるたび、 考えることになる」はずだ。それはいかにリアリティーを持たせるかの問題だ。空中戦のような専門的な論議にせず、 今起きていることと密接に関係する現実からの提起こそが必要なのだと思う。 3つ目は「仕組みの問題につなげられなかった」ことだ。実は原発には、それを推進