震災後に結婚ブームがおこるわけ

震災後に婚活業界やウエディング業界が繁盛しているという。あわてて婚活を始めた、付き合っていた人と結婚を決めたな人たちが急増しているとの報道がたくさんある。事実であればとても興味ふかい。

さまざまな解釈が付け加えられている。

すごく大雑把に言って、生命にかかわる本能が働いているという解釈もありうる。戦争でも大停電でも、非常時のあとは妊娠が高まるのが普通だ。生命の危機を感じると、DNAを残すことの重要性、それも「今すぐに」残さねばという本能が人々を突き動かすと解釈することができる。

もしそうなら、すでに結婚済みのカップルも加わって、予想を上回る(つまり結婚数以上の)ベビーブームが起こるはずだ。あと1-2年の出産動向に注目したい。

コメント

  1. そういえば、私も3月に籍を入れましたが、この話ほんまかいな、自分ではブームに乗っていると思っていないんですけど。しかしこれが本当なら、国の政策でびっくりするぐらいの不景気を起こしたり、戦争したりなど、生命を脅かされると国民が思うほどの政策を行えば、少子化問題は解消するって事っすか?そりゃないでしょ。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

イノベーション続くcash transfer(現金移転)

現金移転cash transferは貧困をなくせるか:ザンビアでの調査1

カカオ価格の上昇はコートジボワールに平和と繁栄をもたらすか