投稿

後期高齢者はイグアナの夢をみるか? 健康維持コストの法則

歳をとるに従って、生きるために費やすお金や時間が増える。当たり前のことだが、これを難しく言い直すとこうなる。 「加齢に伴い、健康維持のためのコストが増加する」 コストとは、具体的には金と時間だ。 若い時には健康維持を意識することは少なかった。家族のことを考えて健康保険、生命保険には加入したものの払い戻しを受けたことはほとんどなかった。 公的保険についても払い続けたもののの、恩恵を受けるのは花粉症と虫歯の治療くらいだった。 健康のために運動しろと言われても、真面目に取り組んだことはなかった。 公的保険の恩恵を感じ出したのは 60 代になってからだ。不整脈の治療で初めて入院給付を受け取った時は、支払い分を少し回収できた気分だった。 70 代に入ると白内障、前立腺肥大、血圧上昇など加齢に伴う定番の症状が始まった(幸いまだ深刻ではないが)。 就眠中の背中のかゆみ、軽い誤嚥で咳き込む、口臭、いびきなど加齢に伴う「生活の質」の低下も本格化してきた。 ちょとした怪我でも回復に時間がかかり、病院通いの時間が増えてきた。医者に原因を訊ねると「加齢ですね」と言われる。 対策を訊ねるとどの医者も口を揃えて「運動です。散歩してください」という。そのため、ここ数年は散歩が日課となっている。これもかなり時間を消費する。帰ると疲れて昼寝する時間も増える。 私は痩せタイプなのだが、医者は「内臓肥満です。筋肉をつけるように」という。いずれ筋トレも始めないと。ジム通いには金も時間もかかりそうだ。 気がつくと医療支出 ( 保険からの支払いを含む。プラス売薬、サプリ ) も、健康のために費やす時間も右肩上がりだ。 こうしてみると、生活の質そして生命維持のコストの推移は簡単なグラフに描けるようだ。一般的には 60 代までは ( 人によっては 40 代半ばまでは ) ゼロに近く横ばい、そこから急な上昇が始まる。支出は収入のそして財産の上限目指して上昇を続け、時間支出も活動時間の上限を目指して増加してゆく。 2年前から定期的に血管年齢を測ってもらうようになった。毎回医者がグラフを指して「正常値です」と言う。良くなっているのか問うと「年齢平均に収まっています」との答えだ。つまり私の血管は人並みに劣化している。 血管年齢曲線同様に、今のところ私の健康コスト曲線も順調に上昇している。

後期高齢者はイグアナの夢をみるか?

先日 75 歳になった。昨日と何も変わらないが、制度的に「後期(末期?)高齢者」に分類されることになった。後期高齢者ということはもう後がない。あとは 90 歳になろうが 150 歳になろうがずっと後期高齢者であり、制度的には人生最後のステージに押し込まれたわけだ。 というわけで、この最後のステージをどうやって楽しく幸せに生き延びるか、またこのステージの後にやってくる「死」にどう向き合うのか、はたまたそんなことは関係なくなにをもそうするのか、気が向いた時に雑感をアウトプットしようと思う。

米中交渉でウクライナに和平を

戦争は持久戦に ウクライナ戦争はこう着状態に陥っている。ウクライナは初戦はキーウをめぐるロシアの進軍を跳ね返して、「少ない犠牲で大きな成果」を上げた。 しかし東南部の戦いは正規軍の正面衝突でロシアが優勢と見えたが、ウクライナ軍も必死の反撃を見せている。戦線は膠着し持久戦の様相を帯びてきた。 連日双方とも同規模の犠牲者を出しているようで、また砲撃と空爆合戦で市民は家とインフラを破壊され続けている。ウクライナが焦土となり、ロシア市民が困窮するばかりだろう。 仮にロシアが東南部を制圧したとしても、ウクライナが「降伏」しなければ戦争は終わらない。犠牲は増え続けるだろう。 和平には米中の動向が鍵 トルコが和平に意欲を見せているが、見込みは薄い。理由はトルコにはロシアとウクライナ双方に対する「てこ」が限られているからだ。 和平をもたらせるのは、戦争の双方に大きな影響力があり、また自らも和平を望む動機がある主体が動かないといけない。 この条件を満たすのは、アメリカと中国しかない。まずアメリカは国内で徐々に厭戦気分が上昇しつつある。開戦当時こそ対ロシア強硬姿勢はバイデン政権の支持率下落要因となったものの、インフレが激化する中で「他人事」の戦争に熱中する姿勢は批判の対象になりつつある。政権交代はしたものの、トランプ政権が火をつけた「孤立主義への回帰」の流れは止まってはいない。だからこそバイデン政権も「米軍は絶対関与しない」と言い続けている。どこかの時点で和平を必要とするのは間違いない。 中国はこの戦争で最も利益を受けている。何もせぬままに旧敵ロシアを支配下に収めたからだ。ロシアを批判しないことで(公式には支持もしていない)政治的に依存させている。また資源を買い(しかも安値で)ロシアに必要な物を売る(おそらく高値で)だけで、経済的にも従属させることに成功している。 しかし、こうした利得ゆえに戦争が長引けば、とりわけ戦争が開発途上国の食糧危機を引き起こせば、ロシアの「スポンサー」中国にも「南」諸国からの批判が向く恐れがある。中国が代表を自負する「第三世界」が和平を望めば、それに逆らうのは国益に反するだろう。 米中は和平に動けるのか 和平の気運が高まれば、中国がイニシアティブを取る可能性は高い。世界の民衆のための救世主となれるからだ。先に述べたように、アメリカも和平に傾斜し始めている。 問

ウクライナ和平の創造的なアイディアとは

 ケニア国連大使はロシアの侵攻を批判し、アフリカ諸国もウクライナ同様に人為的な国境と民族対立に苦しんでいることを指摘し、次のように述べています: 「私たちは人種・民族・宗教・文化など、いかなる理由であれ、民族統一主義や拡張主義を拒む」 「それは国境に満足しているからでなく、平和のうちに築かれる偉大な何かを求めたからだ」 現実にはアフリカは多くの民族紛争に苦しみ、民族統一主義、拡張主義の火種は消えていません。それでも、アフリカの多くの紛争克服の努力からは、ウクライナに平和をもたらす実践的な教訓があるに違いありません。 それ以上にアフリカの現代史で重要なのは、ケニア大使が述べた「平和のうちに築かれる偉大な何か」への希求なのかもしれないと思いました。ウクライナ戦争を終わらせるにも、実務的な教訓を超えた、まだ見ぬ偉大な何かへの希求というと大袈裟ですが、創造的でしかもこの地域の人々の魂に響きくアイディアが求められるでしょう。 https://news.yahoo.co.jp/articles/a20eec16e02e1d88fd383d67224d332777b9c20b

「民族紛争」としてのウクライナ侵攻: 「アフリカの教訓」はあるか

 ウクライナとロシアの関係については何も知りませんでしたが、ロシアの侵攻後いろんな記事や論文をつまみ読みしていくと、アフリカでお馴染みの「民族」紛争と似ているところがあると思うようになりました。 とりわけ、ロシア系とウクライナ系のカップルが周囲からの憎しみの対象となっているという報道に心が痛みました。西アフリカで同様のケースをみてきたからです。 と言うわけで、アフリカの民族対立の見聞をもとに、ウクライナとの類似点を考えてみました。 まずすぐ目につくのは、政治家が権力を取るために「民族対立」を煽る点です。 国内に民族問題がある時に政治がなすべきことは対立を緩和し、同じ国民として安心して暮らせるように努力することです。ところが、アフリカでは政治家が支持を広げるために民族対立を煽る例があります。ウクライナでも同様のことがおこなわれていたことを知りました。 そしてアフリカの最悪の事例のように、ウクライナでも対立は過熱し国内の武力衝突に発展していました。 次に、アフリカでは敗者が選挙結果を受け入れず、街頭行動で結果を覆そうとする事例が見られます。ウクライナでも実力で政権を転覆することが常態化していたようです。悪政による選挙や議会への信頼失墜が先なのか、野党のルール無視が過ぎたのか、そこは私には判断できません。 最後に、外部の勢力が、自分の利益のために国民の分裂を図る政治家を操ってきた点です。アフリカでは周辺国や域外大国がこうした邪な行いをし、場合によっては武力介入することもあります。 ウクライナでは、アメリカとロシアが双方の政治家を直接間接に支援し、対立を煽ってきました。そしてロシアは武力侵攻に訴え、アメリカやEUがウクライナ政権に大々的な武器援助をする事態になっています。 なお、ロシアの主張は国境を越えた民族統一主義ですが、これはアフリカでは「禁句」です。(アフリカでは民族と無関係に国境が引かれたために、各グループが統一を主張すると危険なため、アフリカ諸国は国境の尊重で合意しているからです)。 ではアフリカとの類似性があるなら、アフリカにはウクライナ戦争を終わらせる教訓はあるのでしょうか。考えてみたいと思います。 アフリカの紛争を研究している方々に、ご意見を伺いたいと思います。

ロシアのウクライナ侵攻:日本はどうすべきか考えてみました

  ロシアのウクライナ侵攻について、どうも日本のメディアはアメリカのプロパガンダをおおむ返しで繰り返している感じがします。さらに悪いのは日本政府がアメリカの情報を鵜呑みにして政策を組み立てていることです。 この戦争は広く「情報戦争」と言われていますが、これでいいのかなあと疑問に思います。 他方で、これに反対する人もいますが、多くの主張がロシアのプロパガンダそのものなのもおかしなことだと多います。 双方とも一方の主張は全て嘘で、「証拠」とされるのはみなフェイクだと言い合っています。 わたしはこの地域の政治には全くの素人で「とにかく勝手に国境を越えて侵攻したのはロシアが悪い」と思うのが精一杯です。 さて、日本政府は一体何をすべきなのか?少し下がって頭の体操をしてみようかとお思います。 これについて二つのオプションを考えてみました: 一つは、ここでは仮にタカ派オプションと言っておきましょう。日本政府の姿勢であり、マスコミの論調もこれにほぼ一本化されています。一言で言うと、「国際ルールの崩壊を食い止めることが最優先である。同じようなことが起こらないように、ロシアに懲罰を与え、敗北に至らしめることが必要だ。」と言うものです。 勇ましいですね。確かにそれなりに筋が通っています。でも、こうした主張にはかなりのリスクがあります。 まず、ほんとにロシアを屈服させることができるのでしょうか?残念ながら「できる!」と言ってる人はいないように見えます。 次に、そうなると双方の犠牲者は際限なく増えそうです。長期化すればウクライナは焦土と化す恐れが十分あります。 やや大袈裟に考えると、ヨーロッパの他地域に戦争が拡大し、核戦争が誘発される恐れさえ、否定はできません。そこまで行かなくとも、世界が敵対的なブロック化し、世界経済が大きく停滞するのは避けられそうもありません。 つまりリスクは相当に大きいですね。悲劇に泣く人は(すでに数百万のウクライナ人が難民となっています)さらに増えることは確実です。 タカ派でなければハト派的なオプションはあるのでしょうか。今のところほとんど聞こえてきませんが、考える価値はあるでしょう。 と言うことで、少し頭をひねって観ました。小さな頭なので、大したことは出てきません。みなさん、お知恵を拝借できればありがたいです。 まず最優先の目標は、犠牲者を最小化し人権を守ることにな

「ドライブ・マイ・カー」 インターナショナル版を観ました

 長いけど飽きずに楽しめました。 映画の大きな骨組みはこう言うことらしいです: 人間関係に踏み込まない男がいます。 主人公は妻との関係を失います。しかも彼女は突然死するので、関係を回復する手立てはありません。その男が、現実から逃げる自分の弱さのために妻と心を通わせることができなかった、さらに妻を死なせてしまったと自覚する、そういう骨組みだと思います。   タイトルは、ドライバーとの車中の会話が重要な役割を果たすことから来ていると思われます。   心の恐れを直視することで自己回復するという「フロイトっぽい」作りは、ハリウッド映画の定番です。アカデミー受賞は、米国人に「わかりやすい作り」と、映画の非ハリウッド的なテクスチャーの組み合わせが決め手だったのかなと推測しました。   テクスチャー(というか肌触りというか) では、どんなテクスチャーだったのか、わたしの印象を記します:   全体にとても静的でダイナミックな動きは見られません。画面のフレームは固定的で、カメラは引いた位置からの撮影が中心です。観客は感情の動きでドラマを追うのが普通ですが、それを嫌っているかのようです。   同様の印象は演技にも現れており、情動を見せいないようかなり抑制的です。台詞は翻訳文のように生硬で、棒読み風に発声されます。普通の会話のように感情を読む手がかりを与えません。   監督は、「人の本当の気持ちは言葉の外にあり、聴いてもわからない」と言ってるように、私は受け取りました。テキストはそれとして重要だけれど、心の動きは「話してる言葉」とは別なのです。コミュニケーション全体の内容は、会話を聞いている私たちはもちろん、二人の間でも、時には当人にも、わからないのです。   ハリウッドの俳優は、感情を(自覚しない心の深層も含めて)、表現するよう訓練されています。そういう演技はここでは求められていないようです。   戯曲の「本読み」でセリフを棒読みする練習をさせたり、複数の言語で交互に語られる舞台を見せたりしますが、これも(テキストとしての)言葉では人間はコミュニケーションしていない(あるいはできない)という世界感にピッタリな設定だと思いました。   そして主人公は人との関係に距離をおき、異常なエピソードさえ突き放して心を乱